探検家族。

子供と一緒に梅仕事!梅ジュースの作り方をポイントと画像付きで解説!

この記事は3分で読めます

毎年、祖母の家から頂く梅。


その梅で我が家は
梅ジュースと梅酒を浸けるのが
毎年の恒例行事のようになっています。


スポンサードリンク



去年作った梅ジュースは
子供達が飲んで、すぐになくなってしまったので
今年は少し多目につけてみようかなぁと思います。


我が家の娘も、1歳の頃から一緒に
梅ジュース作りのお手伝いをしてくれています。

子供と一緒に梅仕事をするのも
案外楽しいものです。



簡単でおいしい梅ジュースの作り方を
ポイントを押さえて紹介したいと思います。

今回は、子供と一緒に
楽しみたいと思います。





梅ジュース作りで準備するものは?



瓶     容量が約400リットルくらい入る物


昔からこの瓶に憧れています。
割れたら次はこれが欲しい!!







計量カップ



作りやすい分量
◎青梅   1キロ
◎氷砂糖  1キロ
◎酢    150~200cc




ポイント!
●酢は、穀物酢や米酢、リンゴ酢でOK。


酢は少量しか使わないのでちょこっといいのを使うといいかも!
リンゴ酢はこちら






黄色くなった完熟梅では、
カビやすくなったり、発酵しやすくなったりします。


その点、青梅は
スッキリした風味や酸味があり美味しくできますよ。
(今回は写真を見てもわかるように
梅が少し黄色くなりかけてしまいましたがやってみます!)

●梅ジュースは浸けて日にちが経つと
梅から沢山水分が出てくるので瓶は大きめを!

●瓶は熱湯消毒出来る物を!


材料がそろったところで早速作ってみましょう~




梅ジュースの作り方の手順




➀梅を水で洗う。

ポイント! 
●この時、

カビが生えたりして傷んでないか?
虫食いがないか?

を、一つ一つ洗いながらチェックしましょう。




➁梅のヘタを取っておく。
(お子さんと一緒にできますよ~。)

ポイント!
●つまようじを使って取る。

ヘタがついたままだと雑味が生じる。




➂ざるに広げて完全に乾かす。

ポイント!

●濡れているとカビの原因になるので注意。

丸一日程室内で放置。(天候や気候により変わります)




➃瓶を熱湯で消毒して乾かしておく。

ポイント!
●カビが気になる方は熱湯消毒後に
ホワイトリカーで
瓶の内側を拭いておく。




⓹消毒して乾かしておいた瓶に
青梅を敷き詰めるように入れる。
(お子さんと一緒にできますよ~)

ポイント!

青梅にはわざわざ穴を開けたりしなくても大丈夫です。

十分美味しいエキスが出ますよ。
それに

穴を開けると濁りやすくなります。




⓺先程の青梅の上に氷砂糖を交互に入れる。
(お子さんと一緒にできますよ~)



氷砂糖は1キロだいたいこれぐらいの価格かな?
参考までに↓





ポイント!

●最後が氷砂糖で終わるようにする。

その方が梅のエキスの抽出が早くなります。






⓻酢を回し入れる。
(お子さんと一緒にできますよ~)

ポイント!
●瓶の蓋をして大きく傾けたりして
梅や氷砂糖に酢をいきわたらせる感じで。

酢は、発酵防止になります。





⓼冷暗所(常温で〇)で保存して下さい。

毎日、1~2回程

瓶をゆすりましょう。


ポイント!
●ゆすることによって、液が梅に絡み

カビ予防に!




冷凍梅でも梅ジュースはできる??


梅は凍らせると梅の組織が破壊されてしまいます。

そして、

味と香りが激減します。


生梅で梅ジュース作りをするのがおススメです。



スポンサードリンク




どのぐらいつけたら飲めるの?


早く飲んでみたいですよね~。

我が家の娘も、浸けたすぐなのに
「梅ジュースもうできた?」
「早く飲みたーい」って毎日言ってます(#^^#)


飲み頃は、3週間ぐらい。



梅がしわしわになるまで
毎日忘れないように瓶をゆすりましょう。


実を取り出し、液を茶こしなどで漉し
清潔な保存瓶に詰替えましょう。





出来上がった梅ジュースの保存場所は?



保存瓶に詰替えたら、

冷蔵庫で保存しましょう。




酢を使っているので加熱殺菌しなくて大丈夫です。
一夏~半年を目安に飲み切るようにしましょう。

我が家は冷蔵庫で一年位は大丈夫でした。
(保存環境によって違いが出る場合があるので
出来るだけ早くいただきましょう)




梅ジュース作りで気を付ける事は??


始める前には必ず手洗いをしっかりしましょう。

子供さんと一緒にされる場合は特に気を付けましょう。

しっかり手を洗っていてもいざ始めようとする前に
色んな所を触ったりするので。

我が家の娘だけでしょうか(笑)(;’∀’)



スポンサードリンク






あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人です。

春栗です!

楽しく人生送りましょう!

⇒詳しいプロフィールはこちら

 

最近のコメント

RETURN TOP