探検家族。

【絵本の読み聞かせ】保育園で1歳児が飛びつく4冊を元保育士が紹介!

この記事は3分で読めます

「子供に沢山絵本を読んであげたい!」



心の中にそんな思いはあっても
実際は‥、



どんな絵本を読み聞かせしたらいいかわからない‥。


スポンサードリンク



本屋さんや図書館に足を運んでも
絵本がたくさんありすぎて
どの絵本に手をのばせばいいのか‥。


絵本の選び方って本当に難しいですよね。



そこで今回は、

元保育士の私が
実際に保育園で絵本の読み聞かせをした中で

1歳児の子供達が特に
喜んで聞いてくれた絵本を4冊紹介します!



1冊目

「もこ もこ もこ」


谷川俊太郎 作   元永定正 絵

文研出版





私が保育士じゃなかったら
絶対手にしてなかった絵本。


なぜかと言うと、


絵本に出てくる言葉がストーリー仕立てではなく
「もこ」や「にょきにょき」「ぱちん」
などの言葉が出でくるだけ。


絵も動物や人間が出てくるわけではなく
抽象的で不思議な感じ。


大人が一人で読んでもナニコレ?!
という感じでハッキリ言って
つまらないと感じるかもしれません。


でも、子供の反応は大人とは全然違います。


読み聞かせをしている大人の言葉を真似て
一緒になって楽しんで読んでくれます。


絵も色づかいやグラデーションがきれいです。


言葉の響きを楽しむ絵本です。


保育園ではこの絵本を読んでいると
自然と子供達が集まってきます。



2冊目

「がたんごとん がたんごとん」


安西水丸 作   福音館書店






この絵本は、リンゴやバナナやスプーンなどを
次々と機関車に乗せて運んでいくという
繰り返しのお話。


1ページごとに「のせてくださーい」
と、同じ言葉が入っていて、

繰り返しが大好きな1歳児の心をわしづかみします。



電車好きでない女の子もなぜか
この絵本が好きな子が多く、


どうしてだろうと長年考えていました。




その理由に最近気付きました。



絵のコントラストが大まかに見て
白と黒が使われていて
子供の目に留まりやすく見やすい。


そして、出てくるリンゴやバナナスプーンなどの
絵は離乳食でも使ったり食べたことのあるものばかり!!



男女関係なく好きな理由がわかります。




同じシリーズで「がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん」
もあります。




こちらも面白いですよ。

順番としては「がたんごとん がたんごとん」を読んでから
「がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん」を読むのがおススメ!



スポンサードリンク




3冊目

「かお かお どんなかお」


柳原良平    こぐま社




丸や四角などの単調な形に
笑った顔や泣いた顔など
人間の様々な表情が描かれた絵本。


絵本の読み聞かせをしている大人も
知らず知らずのうちに
絵本と同じ表情をしてしまいます。


子供達は、自分の顔についている
目や鼻、口に改めて気付いたり


自分と自分以外の人との違いに
気づいたりする子もでてきます。


その時の子供の気分によって
感じ方が変わってくるので

比較的あきにくい絵本なのかもしれません。



ミニサイズの絵本も出ているので
お出かけの時に持って行くのも
いいかもしれませんね。



4冊目

「おつきさまこんばんは」


林明子作   福音館書店





子供向けの絵本では明るい色調の
絵で描かれた作品が多い中、
ダークな色調で夜をモチーフにした絵本。


ダークな色調の中に浮かぶ
おつきさまの表情がとても優しく


まるで母のようにも見える笑顔に
つつみこまれるようで
見ていてなんだかほっとします。


シンプルなストーリーで
子供の大好きな繰り返しが
テンポよく織り込まれています。


何度か読んでいるうちに子供達は、
おつきさまだけでなく
「ねこ」がいることにも気付きはじめます。



子供が自ら「ねこ」の存在や変化に気付くまで
大人からはあえて言わないように
読み進めてみましょう。


「ねこ」に気付いた時、子供はいったい
どんな表情をするのでしょうね~。
楽しみですね~。


「ねこ」に注目すると
また違う物語がみえてきます。


色んな読み方ができる絵本です。



寝る前に読み聞かせをするのに
いいかもしれませんね。




まとめ


おすすめの4冊の絵本はいかがでしたか~。


絵本の読み聞かせ 3歳児が目を輝かす4冊を元保育士が紹介!

保育園では長年読み聞かせされている
定番の絵本ばかりです。


内容までは知らなくても
表紙の絵を見たことがある方も
おられるのではないでしょうか~。


是非この機会に手に取って
開いてみてくださいね。


定番の絵本なので出産祝いや
誕生日のプレゼントにもぴったりだと思いますよ。



スポンサードリンク


あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人です。

春栗です!

楽しく人生送りましょう!

⇒詳しいプロフィールはこちら

 

最近のコメント

RETURN TOP