探検家族。

元保育士が警告!絵本の読み聞かせで子供を確実に本嫌いにさせる3つのタブーと超絶簡単な対処法とは?

この記事は7分で読めます

保育士時代
わたくし春栗は

間違った絵本の読み聞かせを
してしまっていました。



もちろん
その時は
その読み聞かせのやり方が
子供達にとって一番良い方法
だと思っていました。


春栗は元々
絵本が大好きだったこともあって
保育園で色々絵本の勉強をしました。


絵本の読み聞かせは
そのやり方によっては
子供を本嫌いにさせてしまう
ということにようやく気づきました。



そんな保育士時代の
自分の反省も兼ねて
絵本の読み聞かせで子供達を
本嫌いにさせないよう願いを込め
このブログをお伝えしたいと思います。



今回は

元保育士が警告!
絵本の読み聞かせで
子供を確実に本嫌いにさせる3つのタブーと
超絶簡単な対処法とは?
をお伝えしたいと思います。



スポンサードリンク









絵本の読み聞かせって子供はいったい何歳位からできるの?



子供が生まれて
目の前の我が子に実際に
絵本の読み聞かせをしよう
と思われる方もいるでしょう。

でも
いったいぜんたい

「絵本の読み聞かせって
いつぐらいからしたらいいんだろう??」
って思ってしまいますよね。


元保育士の
わたくし春栗がお答えしましょう。



簡単な物語を理解できるのは
だいたい1歳を過ぎた頃~2歳位だと思います。



1歳を過ぎた頃におすすめの絵本はこちらのブログで紹介しています↓

【絵本の読み聞かせ】保育園で1歳児が飛びつく4冊を元保育士が紹介!



それ以前の
0~1歳では
「まだ絵本の読み聞かせなんて無理じゃないの?」
と思われがちです。


そんなことはありませんよ(*^^)v



絵本の読み聞かせは
なんと
生後6~7ヶ月くらいの子供から
絵本を楽しむことが出来るんです。








この時期の子供に最適な絵本の読み聞かせの方法はこちらのブログで詳しく紹介しています↓

絵本の読み聞かせの3つのコツ!0歳~1歳の赤ちゃんもくぎ付けに!







では
絵本の読み聞かせで
子供を本嫌いにする3つのタブーとは?
どんなことなんでしょうか。





絵本の読み聞かせで子供を本嫌いにさせる1つ目のタブーは?


△途中で質問したり
読み終えたら感想を聞く


これ、これ
これです!
春栗が保育士時代に
やっちゃってたこと。

保育園で働いていたとき
先輩保育士がこぞって皆していたので
『絵本の読み聞かせってこうやるんだ』
と思い込んでいました。



でも
「絵本の読み聞かせで子供に感想を聞いて
それが本嫌いとどうつながるの???」

「途中で質問するって
どういう事?」

「読み聞かせの後
子供に感想を聞くことって
そんなに悪いことなの???」

って思いますよね。




絵本の読み聞かせの後
子供の心は
感動で一杯になっています。



そんな状態の時に大人は
「この本どうだった?」
と感想を求めたり


絵本の読み聞かせの最中に
登場人物を指さして
「この子どんな表情してる?」
などと質問したりする事ありませんか?


一見
何気ない事の様に
思いますよね。






でも
それによって

大人の期待する方向に子供の感想を
誘導してしまうことになります。



子供の自由な発想を妨げることに
なってしまいます。







春栗も保育士時代に
絵本の読み聞かせの直後
子供達にこんな風に聞いていました。

例えば
したきりすずめの場合・・・



「どうだった?」

「すずめの舌を切ったのは
誰だった?」

「舌を切ってしまった
裏の家のおじいさんの事どう思った?」

・・・って、

今考えるとほぼ誘導尋問です。




子供には
絵本から膨らませた想像の世界を
自由に楽しませてあげる事が
大事だと思います。



絵本の読み聞かせをしてもらったら
子供には

絵本の世界の余韻に浸る時間が大事

だと
春栗は考えます。











絵本の読み聞かせで子供を本嫌いにさせる2つ目のタブーは?


△早くから文字を教える


幼児期に必要なのは
まずは『言葉の獲得』なのです。


言葉を獲得するためには
耳から吸収することが大事なのです。





子供には
『心のこもった言葉』や
『美しい言葉』を
耳からたくさん聞くてもらいたいのです。



近年
早期教育がいいことの様に捉えられる
時代になってきて春栗は悲しんでいます。


「早くから文字を教えて何が悪いの?」
って疑問がわいてきますよね。



小学校で人並みにやっていけるように・・
親としての気持ちはわかります。





でもまだ今は
勉強をする時期ではないのです。



就学前の今は
勉強が出来るようになるための
土壌づくりをしている時期なのです。





春栗が保育士時代に
Yちゃんという子がいました。

Yちゃんの家では
おばあちゃんが熱心に
Yちゃんにひらがなやカタカナを
教えていました。

春栗が絵本の読み聞かせをすると
子供達は皆、絵を見てそれぞれに
想像の世界へ入っていきます。


でも
Yちゃんだけは
違いました。



いつも保育士の春栗と同じ
絵本の文字に目がいっていました。



文字がわかっていると
絵本の絵ではなく
文字が気になって目がいってしまいます。



純粋に目と耳で
絵本の世界を楽しむことが出来ないのです。



OLYMPUS DIGITAL CAMERA





ある保育園では
「小学校にあがるまで
決して文字を教えないでください」
と言っているところもあるんです。



早期教育は
決して子供に良いことばかり
ではないのです。


でも春栗は
小学校にあがる前の子供でも
自ら文字に興味が出てきたら
その時にはいいと思うのです。

大人が先頭に立って
「もうすぐ小学生になるから
それまでに教えてあげよう」
なんて張り切るのはいけません。



子供の方から
「私の名前の書き方教えて」
などとリクエストがあった時には
教えても良いと思います。


教えていると大人は段々と
むきになってしまいがちなので
子供の楽しめる範囲で
行う事がポイントです。








絵本の読み聞かせで子供を本嫌いにさせる3つ目のタブーは?


△絵本を自分で読ませる

絵本の読み聞かせで大人は
子供が少~し文字が読めるようになってくると
こんな風に言うようになりがちです。



「〇〇ちゃんはもう自分で読めるでしょう」

「自分で読みなさい」

なーんて言いたくなるのです。



先程の項目でも書きましたが
文字を覚えて読んでいる子供は
文字を追っているだけで

『絵を読んでいないのです』







子供に読ませるのではなく
読んでもらう事で
耳から言葉を聞き
絵を読むことこそが
大切なのです。



今 
大人に絵本の読み聞かせをしてもらい
楽しむことで


将来 
自分で本を読むために必要な力が付きます。



今は
その力を培っている最中なのです。




本を読むということは
本の言葉を
頭の中で瞬間的にイメージを描いて
その世界を連続させて体験する。

それが読書の醍醐味だと
春栗は思うのです。



スポンサードリンク











絵本の読み聞かせで子供を本嫌いにさせない対処法は?


ここまで
絵本の読み聞かせで子供を本嫌いにする
3つのタブーをお伝えしました。



ここからは
その対処法について書きたいと思います。



「絵本の読み聞かせって
なんか難しい~」

「私の絵本の読み聞かせで
子供を本嫌いにしたくないなぁ~」

って
悩んでられる方に朗報です!!!



だって
絵本の読み聞かせで

子供を本嫌いにさせない対処法が
すごく簡単だからです。


それは

➀途中で質問しない。
最後に感想を聞かない。


➁無理に文字を教えない。




➂自分で読ませない。



➃書いてある文章の通りに読む。


子供が分かりづらいかな
と思う難しそうな箇所があっても
説明を加えない。


ただし
子供の方から
「これ何?
どういう意味?」
と質問があった場合には答えてあげて下さいね。




⓹声色を使わない。


これも
保育士時代の春栗は
率先してやってしまっていました。

そう
良かれと思って。


これは
現役保育士でもいまだに
やっている方もいるかもしれません。


声色を使ったり
過剰に演出することで
どんな悪影響が出るのでしょう?


声色を使ったり
過剰に演出することで
絵本よりも
読んでいる人物に気をとられてしまいます。



肝心の『絵』に
集中できなくなってしまうのです。



そして

読んでいる大人の世界観を
知らず知らずのうちに
子供に押し付けてしまうことになるのです。






⓺心を込めて読む。

絵本の読み聞かせの時間は
心の触れ合いの時間なのです。


その時間の中で
親と子の
または身近な大人との

心の結びつきが生まれます。




絵本の読み聞かせを
心を込めてする事で
スキンシップにもつながりますね。








絵本の読み聞かせで子供を本嫌いにしない
対処法を長々と6項目書きましたが
何がそんなに超絶簡単なのかというと・・・




要は

絵本の読み聞かせは
書いてある文章の通りに読むだけなんです。



読み終えたら

感想を聞いてはいけないので
そのまま読みっぱなしにするだけ。




何だか
肩の力が抜けますね(笑)



絵本の読み聞かせは
肩の力を抜いて
リラックスして
子供さんと一緒に楽しんでみて下さいね(^_-)-☆









絵本の読み聞かせで子供を確実に本嫌いにさせる3つのタブーと超絶簡単な対処法のまとめ



絵本の読み聞かせは
子供が何歳位からできるかというと・・・


子供が

簡単な物語を理解できるのは
だいたい1歳を過ぎた頃~2歳位です。




絵本の読み聞かせは
なんと
生後6~7ヶ月くらいの子供から
絵本を楽しむことが出来るんです。






絵本の読み聞かせで
子供を本嫌いにする3つのタブーを紹介しました。



絵本の読み聞かせで子供を本嫌いにさせる1つ目のタブーは?
△途中で質問したり
読み終えたら感想を聞く




絵本の読み聞かせの後
子供の心は
感動で一杯になっています。



絵本の読み聞かせをしてもらったら

子供には絵本の世界の余韻に浸る時間が大事

だと
春栗は考えます。







絵本の読み聞かせで子供を本嫌いにさせる2つ目のタブーは?
△早くから文字を教える



文字がわかっていると
絵本の絵ではなく
文字が気になって目がいってしまいます。


純粋に目と耳で
絵本の世界を楽しむことが出来ないのです。







絵本の読み聞かせで子供を本嫌いにさせる3つ目のタブーは?
△絵本を自分で読ませる



子供に読ませるのではなく
読んでもらう事で

耳から言葉を聞き
絵を読むことこそが
大切なのです。




読書というものは
言葉を元に
頭の中でイメージを描いて
その世界を体験して楽しむ事が
醍醐味だと春栗は思うのす。






絵本の読み聞かせで
子供を本嫌いにさせない対処法が
すごく簡単なのです。

それは

➀途中で質問しない。
最後に感想を聞かない。

➁無理に文字を教えない。

➂自分で読ませない。


➃書いてある文章の通りに読む。

⓹声色を使わない。

⓺心を込めて読む。


絵本の読み聞かせの時間は
心の触れ合いの時間なのです。

親と子の
または身近な大人との

心の結びつきが生まれます。




要は
絵本の読み聞かせは
書いてある文章の通りに読むだけなんです。

読み終えたら
感想を聞いてはいけないので
そのまま読みっぱなしにするだけ。





絵本の読み聞かせは
肩の力を抜いて
リラックスして
子供さんと一緒に楽しんでみて下さいね(^_-)-☆


スポンサードリンク


あわせて読みたい

  1. プロフィール

    2017年10月20日22:41

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人です。

春栗です!

楽しく人生送りましょう!

⇒詳しいプロフィールはこちら

 

最近のコメント

RETURN TOP