探検家族。

プロフィール

この記事は3分で読めます

はじめまして
春栗です。


私は、30代、主人と二人の子供を持つ
普通の専業主婦です。




スポンサードリンク





引越しが気づかせてくれたこと



最近
マイホームが完成し
引越しをしました。

引っ越しの際
気付いたことがありました。

すぐ使うものは
段ボールから出して使いますよね。


でも
ずっと開封しなくても
生活に支障がない段ボール箱が
沢山あったんです。

それまでは
気にも留めなかったけれど

『持っていても使わないものの存在』
に気付かされました。


それからは

断捨離

をして
新しい家で

物を持ち過ぎないように


気を付けるようになりました。



開けたとき嬉しくなるような
そんな収納を目指したくて!


持ち物の見直しをしたり
見られても恥ずかしくないように
考えるようになりました。


毎日物と向き合っていくうちに
断捨離や収納が
楽しくて楽しくて
私の中で一種のストレス発散のように
なりました。



専業主婦をする前の職業は?



今は専業主婦ですが
子供を出産する前は
保育園で保育士として勤めていました。


私立や公立の数か所の保育園で働く中で、
見えてきたことが沢山ありました。



一見、保育方針が良いように見える
保育園もありました。


でも、
その裏側に目をやってみると
保育士にしか見えないものが
見えてきました。




スポンサードリンク



例えば・・・

音楽に力を入れている保育園。

発表会で親に披露する為に
必死で朝から夕方まで一日中ずっと
楽器の練習をさせられる子供達。

友達と遊ぶ時間もありませんでした。

唯一の自由な時間は
給食の時間だけ・・・。

親を喜ばせるため・・・
保育園の集客の為にしか
見えませんでした。

体操教室や英語教室に
力を入れている保育園。


全員参加型の体操教室に
嫌々やらされ
泣いている子供もいました。



立派な保育方針の裏で、
かわいそうに苦しむ子供たち‥‥



理想と現実が違い過ぎて驚きました。

保育園の方針に意見さえも言えない。

意見を言おうものなら
担当のクラスから外されるなどの
パワハラ行為もありました。


そんな現場で
保育士さえも苦しんでいました。


そんな現実を真の当たりにしても
ただただ目の前の仕事を
こなしていくのが必死の毎日でした。

もちろん、
子供は大好きでしたから
子供とかかわる中で
それなりに楽しいことも沢山ありました。

でも、
自分が思い描いていた職業とは
かけ離れているように思えました。



そして、
子供を預けている保護者の人たちが、
こんなにもひどい現実に
一切気付いていない!

その歯がゆさが
いつも心の中にありました。


「いつかこの経験を
何かに生かせないかな‥?」
と、思っていました。


一人の保育士との出会い


そんな折、色々な保育園で働く中で、
私は一人の保育士に出会いました。


その人は、
子供と同じ目線で喜び、
遊び、関わろうとする人でした。

ある朝の登園時のことでした、
子供がお母さんと離れがたくて泣いていました。



保育の現場ではよくある光景です。


ほとんどの保育士は
子供をあやして泣き止ませます。

でも、
子供が泣き止むと
そんなに深く理由を追求する事はありません。

「お母さんと離れるのが
嫌だったのかな?」

・・・ぐらいにしかとらえません。



その保育士はお迎えの時に
泣いていた子供の母親に
「〇〇ちゃん今朝泣いていたけど
何かあった?」
と聞いていました。

すると母親は
「そう言えば今朝は
夫婦喧嘩をしてました!!」
との答えが返ってきました。

「それで〇〇ちゃんは
泣いていたんだね。」

母親も
「今朝は言い争いになっていたので
それが原因だと思います。」
と恥ずかしそうに話してくれました。

保育士も理由がわかると
ほっとしていました。


泣いている理由を深く追求して
子供を心から理解しようとする、
心と心を通わせる事ができる人でした。


その人に出会って、
一緒に働く中で
私の保育士としての考え方や、
子供との関わり方がガラッと変わりました。



丁寧な保育ってこういう事かなと
自分なりに感じました。

仕事にはとても厳しい人ですが、
子供の気持ちを理解しようとする姿勢が
伝わってきて
心から尊敬できます。



そんな私も出産して母親になり
今度は自分が子供を預ける立場になりました。




保育士時代に経験したことを生かして
何か出来たら良いな~と思っています。


例えば
保育園選びに悩むママやパパの力になったり
子供の事について
何かヒントになることがあればいいなと思います。

そんな願いを込めて
このブログを書いていけたらと思います。

そして、
もっともっと本当に子供のことを考えて
子供を大事にする保育園が
日本中に増えていったらいいなぁと思います。




スポンサードリンク


あわせて読みたい

  1. Hello world!

    2016年10月8日16:04

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人です。

春栗です!

楽しく人生送りましょう!

⇒詳しいプロフィールはこちら

 

最近のコメント

RETURN TOP