探検家族。

保育園選びは見学時に保育士の声の大きさに注目!質の良し悪しがわかる?

この記事は3分で読めます

保育園選びをするときは、実際に見学に行ってみましょう。

足を運べば、見えてくる事もたくさんありますよ。

実際見学に行くときにどういう所を見て決めたらよいか

わからないという声をよく耳にします。


スポンサードリンク





そこで、元保育士の私の経験から分かった

後悔しない保育園選びの方法をお伝えしたいと思います。

今回は、

子供にとって本当に良い保育園選び


ということに重点を置いて考えていきたいと思います。


私が押さえているポイントはすごく簡単!!


それは、保育士さんを見ればすぐわかります


「えっ??」と思われたかもしれません。

昔から、人を見かけで判断するなって言いますもんね。

見かけだけで判断しないので安心してください。


保育園へ見学に行ったら


保育士さんをジッと観察してみて下さい。


いったい何を観察するのかというと‥

それは・・・


子どもに話しかける話し声の大きさです


保育士さんがクラスの子供全体に

話をしてる時ってありますよね?

朝の会、帰りの会、絵本を読んでいるとき‥‥

でも、そのような時でない時が重要です。

それはどういう時かというと、


子供たちが自由に遊んでいるときです


その時、保育士さんは


一人一人の子供に


いったいどのような大きさの声で


話しかけているでしょうか。


例えば、部屋の端にいる保育士さんが

遠くにいる一人の子供に向かって

大声で『〇〇ちゃーん』と呼んだら‥

保育士さんは、いちいち立ち上がらなくて

楽かもしれません。

ですが、呼ばれた子供はどうでしょうか?

遊びに夢中になっているかもしれません。

友達と話しているかもしれません。

そんな状況だと聞こえないかもしれません。




スポンサードリンク




子供は何かに夢中になると


それ以外のことが見えなくなり


他の物事に気付けないものです。


気付かないと、保育士さんは

それ以上の声で叫ぶことになるでしょう。

呼ばれた子供だけではありません。

周りにいる子供たちも遊びに集中しているでしょう。


保育士さんの大きな声によって


遊びが中断してしまう可能性があります。


そのようなことが日々積み重なっていくと、

子供たちの遊びが広がっていきません。

遊びが広がっていくということは、

子供が自分で考えたり、失敗したり、

友達と力を合わせたりすることによって、

遊びが発展し

子供自身の成長にもつながっていくことなんです。


良い保育士さんは


子どもに話しかけるときも丁寧です。


声をかけたい子供がいたら、

離れたところから大きな声で呼ぶのではなく


その子の横に行って


ポンと肩に手をやって

「〇〇ちゃん。」と、

その子にだけ聞こえる程度の小さい声で話しかけます。


そうやって声をかけるだけで、

「ずっと呼んでたのに!」

なんて怒られたりすることもありません。

周りで遊んでいた子供たちも、


遊びを継続して行うことができます。


保育室で、保育士さんたちの


大声が飛び交う保育室は考え物です。


こんな小さなことでも丁寧にしている

保育士さんのいる保育園は

比較的質が良い保育園と言えるでしょう。

このことはなにも保育園の保育士さんだけに

限ったことではありません。


お家でも一度試しにやってみてくさい。


子供さんの横に行って‥

ポンと肩に手をやって、

ささやき声で名前を呼んであげてください。

ずっと続けていくうちに、

息子も私を呼ぶときには

同じように横に来て

ささやいてくれるようになりました。


家庭内が静かになりますよ


子供もお家の人に

優しく話しかけられて

嬉しいでしょうね!



スポンサードリンク























あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの管理人です。

春栗です!

楽しく人生送りましょう!

⇒詳しいプロフィールはこちら

 

最近のコメント

RETURN TOP